一時的なマツエクよりもまつ毛育毛剤がベスト

[`yahoo_buzz` not found]
Digg にシェア
Pocket

まつ毛育毛剤ケアプロストは今注目されています。

2ヶ月使い続けることで自まつ毛がしっかりと生えてくれるからなのです。

まつ毛にも毛周期がある

まつ毛にも毛周期が存在していることをしっていましたか?毛周期と聞くとどうしても、脱毛をイメージしたり、髪の毛をイメージする人も多いのですが、まつ毛も毛ですので、毛周期があります。成長初期、成長期、後退期、休止期、これらの時期に分けられているのです。このサイクルでまつ毛というのは生え変わりがありますが、成長期にエクステをしたほうがかなり長持ちすると言われているのは抜けるまでに時間が長いからです。成長期が長いことでふさふさで長いまつ毛を維持することができます。毛周期八並みに3週間から3ヶ月でこれは個人差があるとのことです。

まつ毛美容液と育毛剤の違いは?

ケアプロストは育毛剤ですが美容液と育毛剤は何が違っているのでしょうか。これはまつ毛美容液の方は、天然成分が由来で作られていることが多くどちらかといえば美容のためにいたわるというイメージでしょうか。しかし育毛剤の方はしっかりと生やすために存在している、この違いが二つの違いといってもいいかもしれません。美容液はすでに生えた状態のまつ毛に対してコシ、貼りなどを与える働きがあります。髪の毛の場合で例えればヘアパックやトリートメントがまつ毛美容液の働きといっても過言ではないかもしれません。

育毛剤は生えていない状態から

育毛剤の場合生えた状態のまつ毛に働きかけるのではなくて、生えていない状態のまつ毛に働きかけることが特徴です。そのためにまつ毛の悩みを抱えて改善したいと願っている人でもこれからでも遅くはないので使うことができるのです。生やしたい目的なら育毛剤、生えているまつ毛をさらに強くしたい目的なら美容液というように、使い分けると言うのも一つの方法と言えるかもしれません。どちらにしても今注目されている育毛剤を使えばまつ毛エクステに行ったり、つけまつ毛をつけなくてもいいようなまつ毛に仕上げることができるのです。

手軽にまつ毛をボリュームアップできるマツエクですが、これは一時的なものです。自まつ毛を維持させるためには育毛剤で健康的なまつ毛を生やすことから始めましょう。

[`yahoo_buzz` not found]
Digg にシェア
Pocket