ビマストプロスト成分がフサフサまつ毛に変身させる

[`yahoo_buzz` not found]
Digg にシェア
Pocket

ケアプロストというまつ毛育毛剤が最強の自まつげを作ってくれると人気があります。

この製品の主成分になっているのはどのような成分なのでしょうか?

主成分はビマストプロストという成分です。こちらはもともとは緑内障や高眼圧の疾患を抱えている人の目の病気に対して治療として点眼する薬の中に含まれていた成分でした。目の中にある眼房水と呼ばれる水が増えると、神経が圧迫されて視力が下がるのですが、その眼房水をスッキリと排出させる効果をビマトプロストは持っているのです。そのために眼圧は自然に低下させることが可能です。ルミガン点眼薬と呼ばれるまつ毛育毛剤の先駆者という存在の製品の中にも含まれています。

もともとは副作用からの発見

もともとケアプロストは実は最初からまつ毛育毛剤として作られたのではありませんでした。最初は緑内障やこうした高眼圧の患者さんの治療に使われていたのですが、これらの患者さんが使用しているうちにまつげが異常とも言えるほど長く、そしてボリューミーになったことが分かり、それをきっかけにして、この薬にはまつげを育毛させる副作用があるのだということがわかりました。副作用であり有効作用ですので、ほかの薬の副作用のように悪影響を与えるものではありませんから良かったですね。そしてアメリカでその発見から発売されたのがまつげ育毛剤として販売されたらティースでした。らティースはまつげを育毛させることだけに特化して作られているので、値段は少し高めの設定です。

専用のアプリケーターもある

専用のアプリケーターもセットになっているので、これを使えば到着してすぐに使い始めることができるのですが、ルミガンのジェネリックの方がリーズナブルなので今回こちらの製品が注目を集めることとなりました。ジェネリックだとなぜ安いのか、効果が低いのではないかと心配する人もいるのですが、そうではありません。ジェネリックは新薬の特許が切れてから成分、品質が同じことをきちんと確かめて発売されているので何の問題もないのです。

主成分はもともとは別の治療薬だったということ、そしてその副作用が効果をもたらしてくれるということで今では世界各国から注目されるようになりました。

[`yahoo_buzz` not found]
Digg にシェア
Pocket